http://oly3.mak.sub.jp/
魅惑の写り!新レンズLEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4
新しいレンズで、まず試し撮りした時の1枚‥


うぉ!やっぱ違う!
もう、その後は、このレンズばかりで撮ってます(笑) 











まるで、写真が上手くなったように錯覚する(?)、新レンズ。
F1.4というのは、マイクロフォーサーズレンズの中でも
トップクラスの明るさだと思います。

単焦点レンズならではの、写りのクリアさ。
そしてピントのあったところだけは、ピシッとシャープに写り、
その前後はボケる。そのボケ具合がなんとも、ふんわり絶妙に綺麗。





こういう写真が撮ってみたかったんだな〜

今まで持っていた単焦点レンズ(20mm/F1.7)も、望遠ズームレンズ(40-150mm)も、
使い方によっては十分、背景をぼかして撮れますが、
そういう画の撮りやすさは、このレンズにかなり優位性があると感じます。


どれが綺麗、とか、どの程度のボケ方が良いか、とかは、
結局は、個人的な好みによるものかもしれませんが‥

このレンズの写り、かなりツボにはまってます(>▽<)
ん〜 さすがライカレンズというところでしょうか‥



ミラーレスカメラは一般的に、一眼レフに比べ、センサーサイズがやや小さいため
背景をぼかした写真を撮るのは弱いと言われます。
(あくまでも一眼レフに比べれば、です)

でもそんな劣勢感も、優れたレンズによってかなり、カバーできるのかも。
そう感じさせてくれる、ミラーレスユーザーには嬉しいレンズです。

カテゴリ:カメラ・写真 / - / にほんブログ村 マルチーズ(OUT順ランキング) ←応援シテネ